img_02

放射性物質の検査について紹介します

放射性物質の検査は、放射線量の測定に比べて大変です。
空間の放射線量を測定するには、ガイガーカウンターなどの簡易な測定器で済みます。

イタチ 駆除関連情報を解説します。

ホームセンターで5000円程度で売っている機械でも簡易的に測定することができます。

しかし、食材でも、土壌中でも、砂場の砂でも、中に含まれている放射性物質の検査をするためには、まず、4、500万円以上する機械が必要です。



そこに、食材や砂などを1kg、専用の容器に入れて測ります。

測るときには、食材であればフードプロセッサーなどにかけてなめらかにする必要があります。高価な機械だからといって一瞬で測定できるのではなく、下準備が必要ですし、分析には時間がかかります。


このように放射性物質の検査には手間もお金もかかります。しかし、福島第一原発の事故以来、食に対する安全性には非常に関心が高まっています。
特に小さな子どもを持つ母親たちは必死です。

食材等を販売する業者に、売りに出す前に放射性物質の測定をし、結果を表示することを求める消費者もいます。


事故当時には、西日本産の食材しか食べない人もいましたが、事故から3年近く経った今、費用や手間などの面から、すべてを西日本産にするというわけにもいかなくなってきました。



そんな中でも、しっかり放射性物質の検査がされていて、結果がはっきりしていれば安心して買い物ができるので、検査に力を入れている通信販売の野菜などを購入する人が増えています。